活性炭シートセミア

便臭、ガス臭の消臭には活性炭

多くの専門家が便臭、ガス臭に対する活性炭の高い消臭能力を認めています。
ミストの大人気商品、旭化成せんい(株)の活性炭シート、セミア®は多孔質の素材で、細孔表面積は700~1600m²/グラムもあります。
これは活性炭1グラムに26.5メートル×26.5メートルの面積から40メートル×40メートルの面積の広さで消臭してくれることを意味します。
臭気が接触すればただちに吸着がおこなわれます。
旭化成せんい(株)商品科学研究所の消臭実験でも非常に優れた消臭結果が出ています。

また消臭能力の再生に関する実験でも、天日に干せば99%消臭効果が回復し、長期間使用できることが認められています。(同研究所調べ)
ただし同じニオイを繰り返し吸っているうちに、そのニオイに対する効果は80%、60%…と徐々に落ちてきます。
価格の安価な活性炭シート、セミア®は1か月連続使用でも約340円。お気軽にお取り換えいただき、その都度、新品の効果を実感していただければ幸いです。

「消しやすいニオイ」と「消しにくいニオイ」

ミストの大人気商品、旭化成せんい(株)の活性炭シート、セミア®は、便臭やガス臭のもとになる「硫黄系のニオイ」を強力に消臭します。
「硫黄系のニオイ」の代表格として「硫化水素」や「メチルメルカプタン」がありますが、これらは消臭しにくい種類のニオイです。

一方で汗臭や尿臭などの「塩基系のニオイ」は消しやすいニオイです。これらのニオイの代表格は「アンモニア」「酢酸」「イソ吉草酸」などです。
市場に流通している多くの消臭製品がこれらのニオイに対してのみ消臭しますが、便臭やガス臭特有のニオイは、なかなか消臭できません。

旭化成せんい(株)の活性炭シート、セミア®はこの「硫黄系のニオイ」と「塩基系のニオイ」の両方に高い消臭効果があります。
旭化成せんい(株)商品科学研究所の実験でも、高い消臭効果が認められました。

「99.9%消臭」のウソ

多くの消臭製品で記載されている「99.9%消臭」という実験結果をそのまま鵜呑みにしてはいけません。
これらは試験開始から「120分後」の測定値のことです。
厳密に消臭スピードを調べるのであれば、10分後、20分後といった小刻みな測定が必要です。

セミア®S-3の特徴

★多様な不快臭を除去

粒状活性炭の働きで食品の四大悪臭(野菜、魚、卵、肉の腐敗臭)とタバコ臭、ペット等の生活臭まで、暮らしにまつわる「臭い」に対応します。

セミア®S-3の七大悪臭別の消臭効果

★時間経過と消臭効果の推移

四大悪臭(野菜、卵、魚、肉等の腐敗臭)とタバコのニオイ(3悪臭)の消臭効果の各データ

測定時の初発濃度:ppm

硫化水素 トリメチルアミン メチルメルカプタン アンモニア ピリジン 酢酸 アセトアルデヒド
20 20 25 100 14 50 20

※消臭性能は旭化成せんい株式会社商品科学研究所でガス法により測定した数値です。
※この数値は測定値であり、保証値ではありません。

検知管法で測定したガス濃度残存率(%).時間:分

時間 硫化水素 トリメチル
アミン
メチルメル
カプタン
アンモニア ピリジン 酢酸 アセトアルデヒド
10分 100% 100% 100% 100% 100% 100% 100%
20分 0 3.5 0 0 1.5 4 25
30分 0 1 0 0 0 2 15
40分 0 0 0 0 0 2 10
50分 0 0 0 0 0 1 5
60分 0 0 0 0 0 1 5
70分 0 0 0 0 0 0 5
80分 0 0 0 0 0 0 5
90分 0 0 0 0 0 0 5
100分 0 0 0 0 0 0 5
110分 0 0 0 0 0 0 5
120分 0 0 0 0 0 0 5
※便臭・ガス臭・尿臭の主成分であるメチルメルカプタン・硫化水素・アンモニアなどを非常に短時間に消臭します。

●ニオイセンサによる消臭効果の測定(1時間後)

ガラスビンにそれぞれ、タバコ数本、アジの干物1枚、タマネギ約6分の1個を入れニオイの強さを測定しました。 (初発数値・タバコ[471] ・干物[698] ・タマネギ[1360]) 次に10cm x 20cm程のサイズのセミアを1枚投入し、1時間後に再び測定したところセミアの高い消臭能力が実証されました。 (1時間後の数値・タバコ[111] ・干物[165] ・タマネギ[417])
ページ上部に戻る